気を楽にしろ、粗忽屋

気を楽にしろ、粗忽屋

オタク趣味を楽しくインテリアに生かす研究に従事。100均リメイク・ミニチュア・雑貨工作etc.ワンピース フィギュアのお洒落なディスプレイの探求者。心の平穏を大切に。

作業用BGMにお勧めネットラジオ【その3】NHK らじる★らじる

作業用BGMとして勧めたいネットラジオ紹介シリーズ【その3】です。

NHKネットラジオらじる★らじる

「日本最古」は伊達じゃない。懐の広さは侮れじ
  • 「専門局」や「若者向け」など対象を絞った局では絶対味わえない醍醐味があります。
  • ハズレの時は限りなくハズレるけれど、興味のなかったものに出会って好きになったり、大好きな曲や人物が予期せず出てきたり、ドンピシャのときの嬉しさときたら、専門局で対象を絞って聴いてるときより遥かにデカい
番組内容表はみないほうがたのしい
  • 明るすぎるパーソナリティーのタウン情報や旅レポには興味ないけれど(すみません)、早朝のクラシック、昼前の邦楽(歌舞伎系や長唄)、午後のワールド音楽、夕方の再放送(何が来るかわからないのがイイ)、夜のドラマ(平日より土曜)、JAZZ、高校学習講座。
    大ハズレもあるけど、興味のあるコンテンツが流れたときの喜びは至上。
  • 当然だけどニュースと交通情報もしっかり。
作業BGMにうってつけな「ドラマ」と「高校講座」

作業しながら実際聴いて、実感しました。
この二つは、私にとっては、何もせず集中して聴くには間がもたない、しかし運転や勉強など頭を使うBGMにするには本業に集中できなくなるシロモノでしたが、手作業しながら聴くのには実にまったく丁度いいのです。

  • ドラマ(FMシアター)FMシアター | NHK オーディオドラマ
    平日よりも、1話完結の土曜の夜のほうが終わった後の余韻がある脚本が多い気がする。せつなかったり、じーんとしたり。
    (二か月前に聴き始めてたまにしか聴いてないけど…。)
  • 私でも知ってる声優さんは出ないのかなーと思ってたら、先日たまたま聴いてた話に千葉繁さまが出ていて喜んじゃった。さすがの安定感。
    北斗の拳やバギー調の演技が有名だけど、静かな渋い大人の男の声が滅茶苦茶セクシーなので、もっと聴きたいな~。
  • その千葉さんご出演ドラマ、同性愛者が社会や家族と向き合おうと葛藤するストーリー(息子の初恋)で、「ヘェ、NHKがんばってるな」と感心しかけたら、最後に「松山放送局制作」とナレーションが。うーん、まだ地方局でしかできないのかなー。
    グッジョブでした、NHK松山放送局

    f:id:Tranquilo:20170422062725j:plain

  • 高校講座
    特にたのしかったのは「古文」「政治経済」「国語」。
  • 項羽と劉邦」の場面解説つきとか、フツーに物語として面白い。
  • 政経:「市場とはなんでしょうか?」という先生の問いに、「やべぇ、即答できない…!」と焦って、ミニチュア作りながら真剣に聴いてたり
  • 国語(朗読):「では、この時の主人公の気持ちはどういったものだったでしょうか、考えてみましょう」を、一緒に考えつつヤスリかけしたり
年をとるにつれ、興味のない分野に交わることが減ってくるので、こういう放送を垂れ流して聴くのも時に大事だと気づかせてくれるラジオ局。
最近、NHK(TV)の「内輪ウケ」「“若者向け”や、“わかりやすく”の勘違い」が気になります。
NHKにはNHKの良さがあるのだから、日和見しないで、お堅くてもいいから愚直なまでに、従来のスタイルを貫いていただきたいものでござる。