気を楽にしろ、粗忽屋

気を楽にしろ、粗忽屋

オタク趣味を楽しくインテリアに生かす研究に従事。100均リメイク・ミニチュア・雑貨工作etc.ワンピース フィギュアのお洒落なディスプレイの探求者。心の平穏を大切に。

ベッド下収納のおしゃれDIYに挑戦

隠れオタクのベッド下収納」なんていかがわしい以外何物でもない気がしますが、漫画(エロくないよ!)と、普段使わないものの収納用です。

部屋が狭いので、ベッド下の収納スペース化は必至ですが、これを手作りDIY、しかもできるだけおしゃれにできないか、という試みでした。

木製のベッド下収納ケースを、簡単に作る

樹脂製の市販ケースがダメだった理由

f:id:Tranquilo:20170427141334j:plain

・ベッドが木製だからか、似合わない。部屋の中でも浮いている。
・使っていてさびしい。木のぬくもりが欲しい。
・生活感が気になる。
・欲しいサイズがなかった。
引き出しタイプのベッド下ケースが不便

f:id:Tranquilo:20170427141416j:plain

・引き出したとき「引き出しケースごと動いちゃう」。
タバサは重いものをぎっしり詰めるので、引き出しを引くといちいち全体が動いてしまうのでした。重ね置きなら大丈夫なんだけど。
・欲しいサイズがなかった。


そんなわけで、作ることに。

不器用な面倒くさがりでも自作できる収納ケース

・ひっぱりだしBOX式

「引き出し」だと、外箱まで動いて困ったので、「箱を引っ張り出す」単純なつくりに。

・木製
ベッド下は湿気が心配なので、湿気と虫に強い、「桐」材を多く使いました。
カットはほぼ、買った店で頼みました。ノコギリほんと苦手で…。
・簡単仕様で
 箱に取っ手とキャスターつけただけ。超単純。

単純構造だけど便利なものが完成

f:id:Tranquilo:20170427142029j:plain

いきなり完成(数年前に作ったのですが、経過を記録してなかった)。

f:id:Tranquilo:20170427142631j:plainf:id:Tranquilo:20170427142653j:plain

「長方形の箱」に、取っ手とキャスターを装着し、フタは「ただのベニヤ板」!
いまだに虫一匹わいてないし、カビも生えません。ホコリも大丈夫。
ポイント

・キャスターはちゃんとしたものをホームセンターで選んだ

f:id:Tranquilo:20170427142355j:plainf:id:Tranquilo:20170427142415j:plain

 重いものを何度も出し入れするので。
 おかげで、いまだに大変スムーズ、自由自在。小さいサイズなんだけどね。

・取っ手はかわいいものを選んだ

f:id:Tranquilo:20170427142334j:plain

 収納ケースの「顔」にあたる取っ手の選択は重要。
 これもホームセンター(ユニディ)で購入。真鍮と陶器でできてる。

・フタがピタっとハマる工夫した

f:id:Tranquilo:20170427142857j:plain

表板(室内から見える部分)と側板の高さを変えた。

f:id:Tranquilo:20170427142526j:plain

この段違いの部分があるので、ただの一枚板でもピタっとはまる。

あとは、
・使いはじめのときに、箱の底に「カビ防止シート」をしいた。
が、もう何年もたつけど、1回も交換せず敷きっぱなし…。(今のところ害なし)

f:id:Tranquilo:20170427142115j:plain

・コミックを入れている箱だけは、念のため衣類用の防虫剤
紙は虫が来やすいと思うので。(今のところ害なし)
 
他に、木製品のメリットとして、
人に見られるたら困るものを収納したい場合、箱と板に小さな南京錠をとりつけたり、といったカスタマイズも可能です。
しかし、鉄壁の防御にはなりますが、錠がついてる時点で「アヤシイ物を入れています」宣言になるので、オススメしません

f:id:Tranquilo:20170427194626j:plain