気を楽にしろ、粗忽屋

気を楽にしろ、粗忽屋

オタク趣味を楽しくインテリアに生かす研究に従事。100均リメイク・ミニチュア・雑貨工作etc.ワンピース フィギュアのお洒落なディスプレイの探求者。心の平穏を大切に。

100均雑貨や蚤の市戦利品を置くうちに、棚の一部がトラファルガー・ローの居間になってきた話

f:id:Tranquilo:20170529231931j:plain

自分でも忘れるところでしたが、このトラファルガーローは棚に「仮置き」中です。
(ゆくゆくはこのローのフィギュアにふさわしい背景を用意して飾るつもりのため)
最初はほんとにただ棚に乗せていただけ

f:id:Tranquilo:20170529231026j:plain

そこへ、昨年の東京蚤の市の北欧市で「ヤケクソ買い(迷ってるうちに素敵な船模型を逃して自暴自棄)」したツヴィフト刺繍を敷いてみたら、なんだか絨毯のようになり…。
後ろに同じく蚤の市戦利品の「本のポストカード」を置いてみたら、ちょっと本棚っぽくなり…。

近くに置いてたソフトバンクのお父さんと、動物園のオオカミマスコットをくっつけてみたら、「ご主人、散歩に行きましょー♪」的になついてるペット状態になり…。
気の向くままどんどん追加…

f:id:Tranquilo:20170529231346j:plain

100均セリアとダイソーのフェイクグリーンを置いてみたら、室内観葉植物っぽくなり…。
f:id:Tranquilo:20170529231529j:plain
↑ 今年の東京蚤の市の戦利品のミニチュア暖炉を置くと、ますます居間っぽくなり…。
マントルピースの上に
 ・100均ダイソーのボトルシップ
 ・蚤の市ゲットのツタンカーメンのフェーヴ
 ・100均セリアの電話
 ・100均キャンドゥのミニチュアボトル
を置くと・・・
 
ただフィギュアを置いていた棚が、すっかり「トラファルガー・ローさん家の居間」っぽくなっていました。

f:id:Tranquilo:20170529231710j:plain

↑ 横に蚤の市戦利品の酒瓶ミニチュア・キーホルダーを置いてみましたが、小さなコンソールの上にでも載せればかなり雰囲気が出そうです。

f:id:Tranquilo:20170529231807j:plain

ドールハウスっぽい演出をずっと考えていたのですが、案外こういうのでも雰囲気が出る(?)のかな。
(しかし、このローにはちゃんと予定があるので、やっぱり「仮置き」ですが。)

ここで飾った中で個人的に印象深いのは、「ダイソーのボトルシップ」です。

f:id:Tranquilo:20170529232225j:plain

ちょうど先週あたりから、夏版の「ボトルシップ」や、「砂浜の瓶詰め(大・小)」をダイソーの店頭で見かけますが、このダイソー「ボトルシップ」は、昨年秋頃に買ったので、今売っている夏物よりもちょっとゴテゴテして様子が違っています。
100均でこのレベルのボトルシップって、すごいなー!

感動したので、海の雰囲気を手伝おうと、同じダイソーの「ガラスビーズ(青)」を入れています。
(動かすとサラサラ、ビーズの波が動く)
Portrait.Of.Pirates ワンピース “S.O.C” トラファルガー・ロー
今回登場のトラファルガーローのフィギュア。

f:id:Tranquilo:20170529232401j:plain

どうやら只今、バンダイのHPで再販売の「抽選」という上から目線な商売をされている模様(5/31まで)ですが、なんで普通に予約再販しないのでしょう…。

この「S.O.C(椅子に座るシリーズ」のトラファルガーローは、現物も十分かっこいいのですが、販売前の画像のほうが1.5倍くらいはカッコ良かったので、素晴らしい現物クォリティなのにちょっとガッカリ、というなんとも贅沢な代物です。

f:id:Tranquilo:20170529232526j:plain

期待値とは恐ろしいものです。
(ああ、やっぱり原型は数段以上かっこいい…)

f:id:Tranquilo:20170529232654j:plain

トラファルガー・ローのフィギュアについては、発売前画像を実物よりブサイクに…とまで言いませんが、再現が難しいならば、せめて造形師が作ったままの姿を鮮明に大写しで出すのは勘弁して…反則…。

f:id:Tranquilo:20170529232802j:plain

このトラファルガーローの場合、「原型」と異なる点は、
目の細かな作りこみ(立体具合)と細かい塗り、眉間のシワ、眉の位置、ゴルゴライン付近の立体感の違いかな?
f:id:Tranquilo:20170529232839j:plain
↑ 向かって右の眉の位置がチョイ上すぎ?眉間とゴルゴ線付近もノッペリ気味。
いや、じゅうぶんこちらもカッコいいんだけど!
f:id:Tranquilo:20170529232822j:plain

原型がカッコ良すぎるだけです。


さて、ここより先へ読み進んだ方は、もう二度とこの変態ブログにお越しになることはないと思われますので、先にここでお礼とお別れを申し上げます。

拙い記事に今までお目通しをいただき、ありがとうございました…。
どうぞお達者で!どうかお幸せに!短い間ですが本当にありがとうございました!
 
…清廉潔白な方々との哀しいお別れが済んだところで、
この「S.O.C」のトラファルガー・ローのフィギュアについて、誰にも言えないけどタバサが訴えておきたい特色です。
トラファルガー・ローの生半ケツが見られるのは、このS.O.Cのフィギュアだけ!

何気なくひっくり返してビックリ仰天したことに、このトラファルガーローは、お尻が半分むきだしです。

f:id:Tranquilo:20170529233541j:plain

何か造形上の都合で仕方ないのかと最初は思いましたが、よく見ると(画像ではわかりづらいですが)、きちんとお尻が立体的にみえるように、わざわざ「立体おしり彩色」がほんのりいいかんじ(=エッチなかんじ)で施してあるので、確信犯的です。

f:id:Tranquilo:20170529233624j:plain

どこのド変態が、わざわざ「椅子に座ったシリーズ」フィギュアをひっくりかえしてケツみて喜ぶと思ってるんだ、ああ、ココに一人いますよコンニャロウ。

f:id:Tranquilo:20170529233702j:plain

今のいま気づきましたが、指の爪が明らかにダスティピンクのネイル&トップコートでツヤツヤです。(↑画像)
ヤダー、わたしより女子力あるー、このトラファルガー・フィギュア。

しかも、これと同じ「Portrait.Of.Pirates(POP)」シリーズのトラファルガー・ローは、全員、日焼けしてるか肝臓を病んでいるかの色黒肌なのに、同じ「Portrait.Of.Pirates」でも、このS.O.Cのトラファルガー・ローは、ぬけるような白い肌。
ノースブルー(北の海)出身という点をやっと汲んでくれたというよりは、ケツお尻の白さとエロさを引き立てるための、これまた確信犯な目論見ではないかと疑わしいです。

f:id:Tranquilo:20170529234011j:plain

そのくせ、バンダイの公式HPやamazon等の販売ページには、お尻のショットが一枚もないのです。
ここまであざとく造っておいて、狙ってんだか狙ってないんだか、まるでレスリー・ニールセン裸の銃を持つ男」の007オープニングのカメラさんのようなブレつきぶりです(わかる方、伝わるでしょうか…)。
 
でもねー、ご自分でしたら普通どうですか、皆さん。

f:id:Tranquilo:20170529234203j:plain

ソファに座ってるうちに半ケツ出てきちゃったら、ココまで半ケツになっちゃったらちょっとズリ上がってパンツなおしたくなりませんか
それが無理な場合、こんな笑顔で座ってられますか?

f:id:Tranquilo:20170529234425j:plain

このお尻撮影は、この記事のためにたった今(深夜)一人で実行したところですが、撮影し終えて再びソファに座らせても相変わらずニヒルに微笑むトラファルガー・ローを見ると、「このヒト変態…?」と自分の行為を棚に上げ、疑惑が浮かんでまいります。

えぇと、好き勝手言いましたが、最後に、一番大声で叫びたい本音を一言だけ。
すべて自分で設置しておいてなんですが、

f:id:Tranquilo:20170529234338j:plain

「犬、そこをかわれ!!」