気を楽にしろ、粗忽屋

気を楽にしろ、粗忽屋

オタク趣味を楽しくインテリアに生かす研究に従事。100均リメイク・ミニチュア・雑貨工作etc.ワンピース フィギュアのお洒落なディスプレイの探求者。心の平穏を大切に。

東京蚤の市2017!骨董好きじゃなくても楽しい理由&注意点

東京蚤の市(第11回) 5月13日(土)14日(日)、13日9:30~18:00、14日 9:00~17:00、東京オーヴァル京王閣

古今東西のお宝・ガラクタが、各地から集結したお店のムシロ上でこれでもかー!とおしゃれにディスプレイされ、もう阿鼻叫喚の大騒ぎ。
f:id:Tranquilo:20170503055212j:plain

みてるだけでも、チョ~楽しい!東京蚤の市が、今年も開催されますよー!
「骨董に興味ないし…」な人も、足を止めてしまうスポットがきっとある!
風薫る5月の爽やかなお祭り・東京蚤の市の魅力と、タバサの失敗体験をもとにした「初めて行くときの注意ポイント」を書き出しました。

東京蚤の市:サラッと概要

東京蚤の市は、年2回、競輪場のトラック以外を全面ジャックし大規模で行われます。
(年々成長して、昨年は愛知と兵庫でも巡回開催)

f:id:Tranquilo:20170503055345j:plain

アンティーク/新品雑貨、家具、不気味理科雑貨(←)、食べ物、古書、古着、北欧市、豆皿市、今年は灯りの専門市・ランプマーケットも併設です。
雑貨ひとつとっても実に多種多様、本当になんでもあります。
「今はもう売ってないアレを探したい!」なコア目的から冷やかしまで、楽しめますよ。

古い物に興味がない人でも楽しめる理由

新品もけっこう売っている

「蚤の市」の元々の定義は「古物の販売」ですが、古物に紛れて普通の新品もたくさん売っていますので、セカンドハンドなんて嫌だわ!というお嬢様も、ゼヒどうぞ。

f:id:Tranquilo:20170503061031j:plain

ディスプレイの勉強になる

f:id:Tranquilo:20170503061349j:plain

様々なアイテムを持ちよったお店が、畳1枚(+α)のスペースで、いかにお客の目をひくかを競い合っています。
おしゃれな飾り方、斬新な飾り方は、素人でも参考になります。

オタク部屋に悩める人の「お助けアイテム」が見つかる

f:id:Tranquilo:20170503061606j:plain

タバサだけかも(御免あそばせ)。
タバサの命題:“オタク趣味を楽しくインテリア”に役立つおしゃれアイテムなどをGETする一大チャンスでもあります。

ヨーロッパ蚤の市のおしゃれ雰囲気を味わえる

f:id:Tranquilo:20170503061823j:plain

もちろん、和の古道具もいっぱい来てるし、ヨーロッパアンティーク系ばかりではないのですが、海外の蚤の市の雑多でオープンでユニークなあの独特な感じを醸す店が点在しています。そのほか、屋内、屋外、緑の木陰やテントの下、様々な店が様々なスタイルで軒を連ねています。

どれかは誰かにマッチする

「おっ!?」っというポイントは人それぞれだけど、まーアナタ、あれだけあれば何かは誰かの心の琴線に触れることでしょう。

f:id:Tranquilo:20170503062242j:plain
「他人の萎えは自分の萌え」というオタク用語(?)があるけれど、「どーみてもガラクタ」が、誰かにとっては「ものすごいお宝!」です。

見ているうちに血がたぎってきて、
ひとつなぎの財宝だってきっとどこかに売っている!」という気になり、テンション上がりっぱなしになってしまいます。

f:id:Tranquilo:20170503062505j:plain

ワークショップ
子供も大人もプチ工作がたのしめるコーナー(有料)が数か所に点在。
トンカチで木や皮や鉄をトントンやる音をたのしくききながら見てまわるのも和む。
忘れていた記憶に再び出会える
f:id:Tranquilo:20170503063209j:plain
タバサ知人の例ですが、古本マーケットを素通りしようとして、子供のころ大好きだったのにすっかり忘れていた本をたくさんみつけてしまい、泣きそうになってほぼ1日中そこから動けなくなっていました…。
「うわー、あったなこういうの!」と思わず手にとってしまうものに出会えるのも、たのしみの一つ。
小洒落たフードの飲み食いもできる
ピザ、ホットドッグ系、スコーン、ユニークなドリンクなどなど。
冬(例年11月開催)はスパイス入りホットワインが本当に温まって美味しい。
 

東京蚤の市へ出かけるときの注意点

熱さ寒さ、紫外線対策を忘れずに!【重要】

f:id:Tranquilo:20170503064056j:plain

去年の東京蚤の市;
5月:夏の陽気で、紫外線ギラギラ、特に日なたは暑くて脱水になりそう
11月:足元から冷え込み、終始ホットワイン飲んでないと凍えそう。
屋内と屋根ドームも広範囲ですが、屋根のないエリアも広いので、特に5月は要注意。
競輪場内に使える自販機がない!

f:id:Tranquilo:20170503064516j:plain

飲み物は、自宅、駅おりてからのコンビニ、会場内の有料ドリンクのみ。
会場内の販売ドリンクは対面販売なので、混んでるときは長蛇の列に並ばないと買えず、大混雑の中にいながら砂漠の漂流者気分が味わえる。
ゴミ対策かな?

女子トイレは、最寄り駅より会場内が早い

京王多摩川駅のトイレはとっても小さいうえ、待ち合わせの人たちが殺到するので、タイミングが悪いと進まない行列に並ぶ羽目になり、時間がもったいない!

緊急事態でなければ、駅からすぐなので会場までゆき、そこのトイレに飛び込むことをすすめます。開場まもない会場内トイレは空いてます。
(昨年並んだ人から、「やっと順番がきたのに紙がなかった…」という涙なしには聞けない話もきかされた)

「現金」を忘れずに!

f:id:Tranquilo:20170503064809j:plain

ほとんどの店はクレジットカードが使えません
タバサ初めてのときクレカ使う気まんまんで、ツレに泣きついて払ってもらう羽目に…。

早い者勝ち!

f:id:Tranquilo:20170503064920j:plain

当然ですが1点モノも多いので、誰かに買われたら以後永遠にお会いできないことは珍しくありません。
どうしようか迷って、20分後に戻ってきたらもうなかった、という痛恨の一撃に、何度ホゾを噛んだことか…。
オーナーさんが次回入荷しようとしても、出回らないと扱えないのでお手上げでした。
(親切なお店は、数か月後に海外でみてきて報告してくれた)

豆皿市など人気市は昼すぎにはカラッポだったりするので、狙ってるものがあれば早めのご出馬を。
新品なのに「古い」と誤解して買っちゃった
初めて行ったとき、すごく素敵なオンボロのランタンを買ったところ、後日同じものが同価格で一般新品商品として売ってるのを発見。古いから買ったわけではない代物だったのでダメージはなかったけれど、勘違いが恥ずかしかった…。
以降、注意してみてると新品も多いんだなと気づいた。
潤沢に売ってる品物なら、他店と比べる心の余裕をもつ
1点ものは一期一会な場合が多々あるけど、そうでないならあまりガッツかない。
これもタバサ失敗談ですが、「浮き玉(海に浮かすガラス玉)」を探してて入口に近い店で300円で買ったら、ずっと奥にある店で同じ物を大量に200円で売っていた…。
浮き玉は別にレアアイテムではないので、慌てる必要は全くなかったのに…。

f:id:Tranquilo:20170503071519j:plain


5月はお天気もよい時期なので、ほっつき歩きには最適です。
おひまがあれば、覗いてみてはいかがでしょう♪(午前中が空いています)